作物別栽培方法

カリフラワー ブロッコリー

Variety(品種)

タマネギは、早生から晩生まで多くの品種があります。
近年では一代雑種に取って代わり、早生では早どり黄、ハイゴールド、ひかり錦毯、中〜晩生種ではもみじ、パワーなどがあります。
ほかに、生食用の辛みの少ない湘南レッドも人気があります。
また、一大産地の北海道では、ひぐま、北もみじ、ふらぬいなどがあります。

Profile(特性)

原産地は中央アジア、中近東、北西インドです。生育適温は10〜15℃で、25℃以上になると順調に育たなくなります。
タマネギが肥大するには、15〜20℃の温度と日長条件が必要。日長は、早生種で11〜12.5時間、晩生種では13〜14時間。
球が完成すると、2〜3ヵ月休眠し、休眠から覚めると芽が出ます。
苗は、10℃以下の低温にあうと花芽ができ、春にとう立ちします。とう立ちすると、球は太りません。
土質はあまり選びませんが、砂地では早生種の早採り栽培、粘土質では中〜晩生種を使って貯蔵用のタマネギにします。

苗作り

畑の準備

植えつけ

追肥・土寄せ

収穫

栽培ミニ知識