家庭菜園

作物別栽培方法

果菜類・ウリ科スイカ

Variety(品種)

新大和、大和クリームなどの在来種のほか、瑞祥、金輝など、新しい品種も多くあります。
小玉では、紅こだま、こだま、乙女、嘉宝など。
変わり種では、黒皮のタヒチスイカ、黄色皮のサマーリッチ、形では枕形で大果の黒部スイカなどがあります。

PROFILE(特性)

南アフリカ中央部が原産地で、日本へは寛永年間に渡来したといわれています。ただし、現在栽培されているスイカは、
明治35年にヨーロッパやアメリカから来た品種をさらに改良したものです。
ツル性の1年生で、根は深く張り、おう盛な生長力があります。「日照り草」ともいわれるとおり、日照りが続き、
降雨の少ない年ほど豊作になります。畑の土壌酸度にも適応力があります。
花は雌花、雄花、雌雄両性花の三つの型が着きますが、栄養状態のよいときは雌雄両性花(実が着きやすく、大きく育つ)が
たくさん現れます。

畑の準備

種まき・間引き

追肥・敷きわら 人口交配

整枝

収穫

栽培ミニ知識