作物別栽培方法

シソ

Variety(品種)

通常、多く用いられるのは緑色の「青ジソ」と赤紫色の「赤ジソ」ですが、それぞれに葉が縮れる『ちりめん青』『ちりめん赤』があります。実ジソ用には『うら赤』が適しています。

Profile(特性)

原産地は、中国中南部〜ヒマラヤ地方。日本へは古くから伝わり、野生化もしています。
和風料理には欠かせない香味野菜です。収穫時期や部位を変えれば五変化するという使い道の広さが特徴です。
育て方は優しく、プランター栽培にも適しているので、庭先やベランダなど、身近で栽培しておくと便利です。

栽培のポイント

育苗箱にタネをまき、育つにつれてベッドに移植し、本葉4枚ほどの苗に仕上げて畑に植えます。毎年栽培している畑では、4月ころにこぼれたタネが発芽するので、これを移植して苗に仕上げてもかまいません。ただし、形質が退化し、葉の形や色、とくに縮みが不良な株がでやすいので、よい形質のものを選んで植えます。良品質の葉や花、穂をとるためには、肥切れさせず、夏に敷きわらをして防乾をします。
花芽は短日状態になると分化するので、電灯(新聞の文字が読める程度の明るさ)で夕方から夜9時ごろまで照らして分化を防ぐと、秋にも良質の大葉が得られます。

苗作り

畑の準備

植えつけ

追肥・敷きわら

つま物や汁の実に簡単な芽ジソづくり