作物別栽培方法

ネギ

Variety(品種)

日本にはネギの種類が多くあり、周年栽培されています。そのなかでも、白くて長い葉鞘部を食べる根深ネギは、主として関東以北で栽培され、緑の葉を食べる葉ネギは中部以西で多く栽培されているようです。
根深ネギでは金長、夏扇、一文字黒昇りなど、多くの品種があります。葉ネギでは九条ネギを中心に、奴観音、最近では小ネギの品種も多く見られます。

Profile(特性)

原産地は中国西部といわれます。中国で品種分化が進み、華北地方の太ネギが日本の根深ネギに、華中の葉ネギと太ネギの中間型が九条ネギを中心とした葉ネギとなりました。 ネギは多年生で、ふつうは2〜8本に分けつ(株分かれ)します。生育適温は15〜20℃。冬に地上部が枯れる夏型と、休眠しない冬型があります。ある程度大きくなった株は、冬の低温で分化し、春になってとう立ち、開花します。 根が多くの酸素を要求するので、排水の悪いところでは根腐れをおこしやすく、育ちも悪くなります。

苗作り

畑の準備

植え付け

種まき

保温

栽培ミニ知識