作物別栽培方法

コマツナ

Variety(品種)

近年は関西地方でも栽培されるようになりましたが、昔から関東地方で栽培されていたツケナです。
代表的な品種としては、早生丸葉コマツナ、晩生コマツナ、おそめ、黒みずきコマツナ、せんすい、美女木などのほか、在来の ビワ葉の品種もあります。
コマツナにチンゲンサイ、キャベツ、タアサイなどを交雑した雑種もあります。

PROFILE(特性)

分類上ではツケナ類のなかのカブナの仲間に含まれます。同じ仲間に信夫菜、クチタキナ、丹羽菜、ミズカケナ、早生ナタネ、 女池菜などがあります。
原産地は中国で、葉の形で区別すると、有袴型、中間型、無袴型があります。
冷涼な気候を好み、18〜20℃でよく育ちます。低温には強く、マイナス3〜2℃以上でも越冬できます。反対に高温では生育が悪くなりますが、最近では耐暑性の在来種もできています。
花芽分化には、日長はほとんど関係しませんが、低温で促進されます。土壌の酸度にたいしては、さほど問題ありません。

葉型と温度変化

畑の準備

種まき

間引き・追肥

防寒・日よけ

防寒・日よけ

栽培ミニ知識