作物別栽培方法

コカブ

Variety(品種)

早生で食味がよく、育てやすい男爵がもっとも一般的です。早生種のワセシロメークイン、晩生種の農林一号などが春作に適しています。秋まきでは、うんぜん、たちばな、でじまなどがあります。
最近では、赤丸やレッドムーンといった皮が赤い品種も出回っています。

Profile(特性)

南アメリカが原産で、生育適温は15〜24℃。17℃前後で塊茎(イモ)を形成し、30℃以上になると塊茎が形成されなくなります。霜に弱く、早植えして晩霜にあうと地上部が枯れてしまいます。
イモは収穫後、一定期間休眠します。一般に早生品種は長く、男爵で90日、紅丸やメークインは60日程度とされています。
収穫後長期間たった種イモだと、育ちの悪い小型のイモが多数できてしまいます。そこで、作型によって適切な種イモを用意する必要があります。一般平坦地の春植えでは北海道産の種イモ、秋植えには長崎近辺の種イモが適当といわれます。

種イモの準備

種イモの準備

種イモの準備

植えつけ

間引き

追肥・土寄せ

収穫

栽培ミニ知識