家庭菜園

作物別栽培方法

果菜類・バラ科 イチゴ

Variety(品種)

宝交早生が全国の大半を占めた時代もありましたが、近年は品種改良が進み、とよのか、麗紅、女峰などが多く栽培されるようになっています。そのほかの品種として、果実の大きいクインベリー、ウインタープリンセス、あかねっ娘などもあります。 変わったところでは、プランターで長期間収穫できる四季成りイチゴがあります。

Profile(特性)

北アメリカ原産で、生育適温は17〜30℃です。13℃以下に温度が下がり、日照が11時間以下になると休眠に入ります。
休眠中は株の生長は遅くなりますが、花芽はその期間でも作られています。
一定の低温期間が過ぎると休眠から覚める性質があり、暖かくなると生長、開花、結実します。
また、このころにヒモ状のランナーが発生して子株ができ、この子株でどんどん繁殖していきます。
根は細く、その大部分が30cm以内の地表近くに伸びています。乾燥や過湿には弱いので、注意しましょう。

畑の準備

植え付け

初めて栽培するときには、苗を購入して植える。10月下旬から11月上旬、株元についているランナー片を畝の内側に向けて植えると、花が外側に出てくるので管理がしやすくなる。植えつけ後は、じゅうぶんに水をやる

追肥
植えつけ2週間後に1回め、11月下旬〜1月上旬に2回めの
追肥をする。そのとき、除草を兼ねて、畝の表面を耕しておく

葉かき
冬の間は、枯れた葉だけを取り除いておく。植えつけ後に
伸びてくるわき芽は花を着けることがあるので、残しておく

マルチング・水やり

トンネルかけ

収穫

栽培ミニ知識 イチゴの苗作り