作物別栽培方法

ホウレンソウ

Variety(品種)

東洋種と西洋種、その雑種に分かれ、秋まきでは主に東洋種と雑種が利用されています。
次郎丸、豊葉、若草、新日本などが代表的です。
春まきでは、西洋種と雑種が利用され、ビロフレイ、ノーベル、キング・オブ・デンマーク、パルクなどがあります。
作型を選ばないオーライ、ミストラル、アクティブなどの品種もおすすめです。

Profile(特性)

西南アジアが原産地の1年生野菜です。雌株と雄株があり、雌株の方がよく育つといわれます。
生育適温は15〜20℃で、10℃くらいの低温でもよく育ちます。種をまいてから15〜30日の間に花芽ができます。日長に敏感なので、その後日が長くなると花芽が発達し、とう立ちします。とう立ちは、日本種よりも西洋種の方が遅くなります。
土質は選びませんが、水分が適当にある砂地だとよく生育します。土の酸度はpH6〜7の範囲が最適で、pH5.5以下では生育不良になるので、ふつうの畑では石灰を施します。

畑の準備

種まき

間引き・追肥

株間と生育状態

収穫

栽培ミニ知識