作物別栽培方法

ダイコン

Profile(特性)

秋・冬採りでは、宮重のほか、理想、大蔵、三浦などの在来種が多くあります。
春・夏採りでは春みの早生、夏みの早生が主流で、時無青首系の品種もあります。丸ダイコンでは聖護院、桜島があります。
また、二十日ダイコンもコメットのほか、白色や紫色の品種も見られます。
葉を食用とする葉ダイコンと呼ばれる品種もあります。

Profile(特性)

原産地は中央アジア、中国で、日本には中央アジアと中国のものが交雑を繰り返したのちに導入されたといわれます。そのため、日本各地で在来種が生まれています。
また、ハマダイコンが野生していますが、これも日本原産ではなく、導入されたものが野生化したといわれます。
冷涼な気候を好み、生育適温は17〜20℃ですが、生育初期は0〜35℃まで耐えます。ただし、根が太ってくると5℃以下の低温や30℃以上の高温になると生育障害が出てきます。
深く耕した、排水性のよい肥沃な土壌だと立派なものができます。

畑の準備

種まき

間引き

追肥

収穫

マルチング

追肥