作物別栽培方法

チンゲンサイ

Variety(品種)

中国には性質や形の異なる多くの品種があり、日本でも栽培しやすいように改良した優良品種が次々と市販されています。代表的なものは『青帝』『青美』『長陽』『謝謝』などです。

Profile(特性)

近年導入された中国野菜のなかで、もっとも普及した野菜です。独特の風味があり、煮くずれせず、歯ざわりがよいことも 人気の秘密です。
冷涼な気候を好みますが、耐寒性、耐暑性があり、簡単な保温や遮光(しゃこう)被覆で早春から秋まで栽培できます。
低温にあうと花芽ができ、とうが立つので、春早くまくときはトンネルで保温し、15℃以下にならないようにします。

栽培のポイント

前作がアブラナ科の野菜でない畑を選び、早めに石灰をまいて耕しておきます。密植ぎみに育てるので元肥は畑全面にまき、よく耕します。少ない株数なら、ポリ鉢で苗を育て、畑にベッドをつくって植えます。
ある程度まとまった株数を育てる場合は、畑にまき溝を作り、じかまきするのが能率的です。じかまきでは葉が重なり合わないように間引き、しっかりとした株を育てましょう。
アブラナ科の野菜はコガネムシや青虫の防除がたいせつですが、とくに多く発生する春から夏には、防暑をかねて、べた掛け資材を被覆することが効果的です。

畑の準備

苗作り

種まき

保温

害虫防除

間引き

追肥

収穫