作物別栽培方法

カリフラワー ブロッコリー

Variety(品種)

ブロッコリーは、頂花蕾(ちょうからい)を収穫するマーシャル、雷鳴が主流ですが、家庭用には側枝のつぼみも収穫するグリーンベール、シャスター、緑苗などもおすすめ。
カリフラワーは、野崎早生、スノーキングなどの早生種、ブライダル、スノーマーチなどの晩生種、紫色のバイオレットクインなどがあります。

Profile(特性)

原産地はヨーロッパ。日本では一般に、白色の花蕾のものをカリフラワー、緑色の花蕾をブロッコリーと呼んでいます。
じつはどちらもキャベツの仲間。花芽ができるのは、早生種では22℃以下、中生種17℃以下、晩生種では2〜3℃。頂部にできた花蕾だけを収穫する頂花蕾専用種と、頂花蕾と側花蕾を収穫できる品種があります。
カリフラワーはキャベツの仲間では暑さ、寒さに弱いほうです。花芽は17℃以下の日が30〜40日必要で、花芽ができた後、高温になると、花蕾の表面が粗くなって、品質が落ちてしまいます。

苗作り

畑の準備・植えつけ

追肥・土寄せ

収穫

カリフラワー

栽培ミニ知識