平成30年12月分クイズへのご応募ありがとうございました。応募総数は2,131通で、前月に引き続き、たくさんの応募をいただきました。
平成30年12月28日に行いました抽選の結果、下記の3人の方々が当選されました。おめでとうございます。なお、当選された方には、当選お知らせのメールを送らせていただきました。

当選者発表

【応募数=2,131通】 【正解数=1,911通】 【当選者=3人】

堺ふるさと御菓子セット

高巣 嘉彦 さん (大阪府)
藤岡 えみ さん (京都府)
武政 光雄 さん (栃木県)

当選された3人の方には、近日中に、賞品の「ケーキハウス リバージュ 堺ふるさと御菓子20個セット」を、お届けします。ご賞味ください。また、味わわれたご感想なども、ぜひお聞かせください。

コメント紹介
〔クイズの応募の中でいただいたご意見の一部です。氏名の表記は、都道府県名とイニシャル(名&姓で。読み方を間違えていたらゴメンナサイ)でさせていただいています〕

昨年は異常気象と災害が多かった年でしたが堺市のほうは大丈夫でしたか。とても心配していました。農家さんは天候に左右されるので大変ですよね。リデュースという言葉は最近知りました。とても良いことだと思います。(神奈川県 K・Yさん)

私はもみ殻が燃えるにおいがこの上なく大好きなのです。素朴なやすらぎを覚えるにおいとでも言いましょうか。ずっとそばでそのにおいに包まれていたいのです。最近はそんな光景をあまり見かけなくなり寂しい限りです。(岡山県 S・Kさん)

環境問題は人ごとだと思っている方も多いと思います。地球温暖化がこれ以上進めば、未来に生まれてくる子どもたちが一番困ることになるのではないでしょうか。今を生きる私たち、一人一人がもっと自覚を持って環境問題と向き合っていかなければと思います。ゴミを分別する、エコグッズを買うなど小さなことでも積み重ねていければ地球環境も良くなっていくと思います。(大阪府 N・Nさん)

小学生だったころ、しめ縄やワラ馬を作る課外授業があって楽しかったことを思い出しました。長野県の実家でも冬の間の寒さ対策で植木にかぶせて大活躍しています。今年はワラ泥棒がでて残さず持っていかれた…と嘆いていました。(埼玉県 M・Kさん)

リサイクル、リユース、リデュースについて、改めて知ることができて勉強になりました。地元で米作りが盛んなのですが、以前はワラ焼きで洗濯物を外に干せなかったり、咳が出たり大変でしたが現在はだいぶ減り、稲を刈り取ったあと土と混ぜて肥料にしているようです。手間がかかり大変ですが農家のみなさんが頑張ってくれているので感謝ですね。(青森県 A・Iさん)

昔は本当にワラに囲まれて生活していましたよね。ワラはとっても大切にされていました。暖かく柔らかく通気性がよく、とってもすぐれたものです。屋根裏にはぎっしりとワラが保管されていましたね。(滋賀県 Y・Nさん)

田舎に住んでいるので昔はおばあちゃんに生えている場所につれて行ってもらいキノコ狩りをしたものです。食べられないキノコが多いと食農探検隊を読んで、今まで無事で良かったなと思いました。(愛知県 S・Kさん)

「香り松茸味しめじ」のシメジが、今まで私が食べていたものでなかったことにびっくり。ブナシメジでも十分美味しいので、ホンシメジだとどれだけ美味しいのか。興味津々です。(神奈川県 T・Sさん)

お恥ずかしながら、リサイクルとリユースの違いを分かっていませんでしたし、リデュースという言葉は初耳でした。時代の進化に合わせて技術が発達すれば新しい言葉も出てくるので、大人になっても勉強になることばかりですね。(愛知県 M・Kさん)

野菜ソムリエによるレシピの一覧がとても細かく丁寧に書かれてあり、料理が苦手な私でも気軽に作ることができるなと思いました。なかでも炊飯器でさつまいもケーキがとても美味しそうで、ホットケーキミックスで作れるのがとても良いなと思い、ぜひ作ってみようと思います。色々な野菜を使ったスイーツが作れるレシピなど載せてくれたらうれしいです。(千葉県 M・Aさん)

この冬は「平成最後の」年末年始となりました。時代の変わり目で思い起こせば19年前、西暦2000年問題が主にコンピュータ部門で課題となりました。当時と比べてもAIやらSNSやら、はっきり言って正体が目に見えないものが世の中の隅々に行き渡っている時代。混乱なく移り変わることができるのでしょうか。