平成29年7月分クイズへのご応募ありがとうございました。応募総数は2,533通で、前月に引き続き、たくさんの応募をいただきました。
平成29年8月1日に行いました抽選の結果、下記の3人の方々が当選されました。おめでとうございます。なお、当選された方には、当選お知らせのメールを送らせていただきました。

当選者発表

【応募数=2,533通】 【正解数=2,194通】 【当選者=3人】

堺ふるさと御菓子セット

辻  孝明 さん (大阪府)
村山 元庸 さん (大阪府)
遠藤 麻里 さん (福島県)

当選された3人の方には、近日中に、賞品の「ケーキハウス リバージュ 堺ふるさと御菓子20個セット」を、お届けします。ご賞味ください。また、味わわれたご感想なども、ぜひお聞かせください。

コメント紹介
〔クイズの応募の中でいただいたご意見の一部です。氏名の表記は、都道府県名とイニシャル(名&姓で。読み方を間違えていたらゴメンナサイ)でさせていただいています〕

普段から食べているドラゴンフルーツがサボテンだったなんて初めて知りました。サボテンにはとげがあったり、乾燥した土地や砂漠に生えているという印象以外にフルーツとして食されていることを知り、より身近に感じました。今度からドラゴンフルーツを食べるときは家族にもこの話をして笑顔で食卓を囲みたいと思います。(大阪府 R・Mさん)

私は、家でクワの木を植木鉢で育てています。今年も、クワの実がたくさんなり、毎朝食べることができて良かったです。クワの実に大変栄養がある事を知り、植えて良かったです。小さいときに食べたクワの実の味を忘れることができません。(山形県 M・Sさん)

今年は念願だった豆の成長と収穫がすごいことになりました。春のサヤエンドウと初夏のモロッコインゲンが豊作です。こんなにうまくいくなんて初めてのことです。食べきれない分は冷凍して長く食べられます。今年だけではなくずっとうまくいくと良いのですが。(滋賀県 S・Mさん)

植物を育てるのが趣味で、サボテンも柱サボテンや丸サボテンを育てて楽しんでいます。サボテンの種類が多いのは知っていましたが、2000も超えるサボテン科に属する植物があるとはビックリです。自然の偉大さを感じますね。(長野県 A・Oさん)

食農探検隊はいつも楽しみにしています。クワと蚕がとても面白かった。桑畑の地図記号は何故あの形なのか不思議に思ったので、最初に覚えたものの一つです。地図から消えたなんてさびしいです。蚕から薬。これも興味を持ちました。これからも楽しい話題をお願いします。(東京都 N・Mさん)

田植えも終わり、あちこちでカエルの鳴き声が響き渡っています。あと3カ月半もすれば新米がとれますね。苗は日々元気に成長し頑張っています。安全で安心な美味しいお米が一番の御馳走です。(奈良県 K・Tさん)

妻の実家がメキシコなのでサボテンを食べたことがありますが、品種改良・調理方法にはまだまだ研究・工夫の余地があると思いました。調味料で味を調えてもかなり苦味が残りますし、加熱するとあっというまにしんなり・ぐったりしてしまうので食感にも抵抗がある人も多いのではないかと感じます。(愛知県 S・Nさん)

昔に比べると最近は見たこともないような野菜や果物が店頭に並ぶようになりました。ゴーヤやズッキーニもようやく慣れたところでしょうか。いろいろ新しい農産物の特徴や食べ方・料理法などを教えていただければうれしいです。(愛知県 M・Mさん)

テレビの通販番組でマルベリーという名前は聞いたことがありましたがクワの実のことだったんですね。クワというと蚕のエサとして有名ですが、毛虫が大の苦手な私としては数年前に世界遺産登録された富岡製糸場には怖くて行けません。(千葉県 T・Uさん)

月下美人、実家にあったのですが、サボテンとは知りませんでした。観賞用のいかにもサボテンです、という小さいものや、テレビで見るような外国に生えている大きなサボテン、それくらいしかサボテンのイメージがなかったのですが、意外と身近にあるんだなと思いました。(愛知県 M・Sさん)

梅雨は明けました。しかし、日本各地で発生した線状降水帯による大雨…と言うより豪雨の被害の爪あとは深く残っています。災害に対する備えだけではなく、避難する早めの決断の重要性を肝に銘じたいと思います。