平成30年4月分クイズへのご応募ありがとうございました。応募総数は2,589通で、前月に引き続き、たくさんの応募をいただきました。
平成30年5月1日に行いました抽選の結果、下記の3人の方々が当選されました。おめでとうございます。なお、当選された方には、当選お知らせのメールを送らせていただきました。

当選者発表

【応募数=2,589通】 【正解数=2,501通】 【当選者=3人】

堺ふるさと御菓子セット

西出  愛 さん (大阪府)
熊田 優介 さん (富山県)
加藤 由美 さん (愛知県)

当選された3人の方には、近日中に、賞品の「ケーキハウス リバージュ 堺ふるさと御菓子20個セット」を、お届けします。ご賞味ください。また、味わわれたご感想なども、ぜひお聞かせください。

コメント紹介
〔クイズの応募の中でいただいたご意見の一部です。氏名の表記は、都道府県名とイニシャル(名&姓で。読み方を間違えていたらゴメンナサイ)でさせていただいています〕

昨年の夏、主人が家庭菜園を始めた時に、ネットでいろいろ調べていて、こちらを知りました。軽い気持ちで始めた家庭菜園だったようでしたが、なかなか難しいようでトマトがあまり実らず頭を抱えていました。家庭菜園のコーナーで初めて知りましたが、トマトは難しい部類に入るんですね。主人は家庭菜園のコーナー、私はレシピのコーナーでお世話になっています。旬のレシピがもっと増えてもらえたらありがたいです。(埼玉県 R・Iさん)

ツクシは子供のころ、母がよく作ってくれた思い出の料理で、父が晩酌のあてにしていたのが懐かしく思います。私は作りませんが今も食べられる方はおられるのかな。実家が和歌山で今は大阪に住んでいるからそう思うのでしょうか。(大阪府 M・Yさん)

もやしにも意外に栄養があると知りびっくりしました。もやしをよく食べますが、確かにもやしの価格が安く、もやし農家さんは大変だと思うので、適正価格になればいいのかなと思います。(石川県 K・Kさん)

昔はよく外で遊んでツクシやヨモギも摘んでいたのに、大人になってからはまったく見向きもしなくなってしまったのがなんだか少し切なく感じます。昔は空き地だったところも今は新しい家やお店がどんどん増えてきているので、野生のツクシもいつか無くなってしまうのでしょうか…。(兵庫県 M・Tさん)

今年から減反が無くなりそうですが、コメの値段はどうなるのでしょうか?プレミアムなコメが宣伝で多く見かけますが、付加価値を付けたものでなくてはならない時代になりそうです。小規模農家の皆さんは大変そうです。これからも安全で安心な農産物をお願いします。(埼玉県 N・Sさん)

籠城戦や壊血病に関して全く知らなかったので、とても勉強になりました。また、意外にももやしの栄養価の高さに驚きました。同時に楠木正成の歴史についても勉強してみようと思います。(和歌山県 H・Kさん)

ツクシは30年以上前に堤防に生えているのを摘んで学童の先生が卵とじにしてくれたのを食べたのが一度あるだけなのですが、何となく美味しかった記憶があります。でも今考えると堤防に生えているのを食べるというのはちょっと怖いですね。(京都府 R・Yさん)

もやしに壊血病を解決した実績があることを初めて知りました。安いのでよくわが家でも食卓に出していますが、農家さんが頭を悩ませているとは知りませんでした。値段が上がるのは家計を助けてくれている食材でもあるので少し悲しいですが、生産されている方の事を思うと消費者の私も協力したいなと思いました。(福岡県 E・Yさん)

確かにスギナは強いです。除草剤を使用していましたが、一向に姿を消さない…諦めました。これからの季節はスギナの楽園になります。一面スギナだらけ。(岩手県 Y・Hさん)

寒波で野菜が高騰したこの冬、ずいぶんもやしにはお世話になりました。鍋の時は、ハクサイの代わりに入れたり…。農家さんの苦悩の記事はネットニュースで見ましたが、消費者的には、やっぱり安い方がいいですよね。(福岡県 M・Oさん)

3月から4月にかけては「三寒四温」のとおり…と言っても物足りないくらい激しく天候が変化しました。4月中旬には早くも「熱中症」に対する注意を呼びかける報道もありました。ただ暑いよりも寒暖の差が激しい時期こそ体調を崩しやすいので万全の準備をしたいものです。